入浴剤で楽しむバスタイム

クナイプのバスソルト入浴剤で冷え性でもお肌がしっとり

今回はクナイプのバスソルトの入浴剤を使うことで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】
ゆかりん 36歳 女性

【冷え性歴】
15年以上

【冷え性が改善した入浴剤】
クナイプ バスソルト オレンジ・リンデンバウムの香り

クナイプ バスソルトの入浴剤を選んだ理由

クナイプのバスソルトシリーズがエッセンシャルオイルの香りとソルト効果が気持ちよく、色々と試していました。

この商品はその中でも冷えた身体を温めてくれる効果があり、汗をしっかりかくくらいに温まることができます。

お風呂の入り方

毎日必ず全身浴をしています。入浴時間は30分程度ですが、毎日気分によって決める入浴剤を入れてしっかりと湯船につかってリラックスするようにしています。

入浴剤を入れて湯船につかると疲労解消度が全く違うと感じています。

入浴剤を使ったときの効果

香りのよい入浴剤を使用するとリラックス効果が高まり、よりゆったりした気持ちで入浴することができます。

ゆったり長めに湯船に浸かるので、身体が芯まで温まり自然に汗をかいています。入浴後の温まり方も入れていないときとは全然違います。

発汗作用のあるバスソルトを使用して入浴した後などは、しばらく汗が止まらないくらいに身体が温まっています。入れていないときはそれほど汗がでることはなく、明らかに汗の量が違うので入浴剤の効果があるのだなと感じます。

入浴後の肌も、入浴剤を使用するとよりしっとりしているので冬場の乾燥なども気になりません。毎日お気に入りの入浴剤を使用して入浴するのが楽しみになっています。

たまに入浴剤がないときなど仕方なくそのままのお湯に入ることがありますが、お湯の滑らかさがなく、肌へのあたりが強いように感じます。肌の皮脂を取りすぎてしまう気がして入浴後かさつきが気になり、クリームなどが手放せなくなってしまいます。

お気に入りの入浴剤を毎日使用するとなかなかの金額になるのですが、リラックス効果や身体を温める効果が明らかにあるので毎日の習慣になっています。

特に冬場など身体が冷えてしまいがちな時などは、芯から温めてくれる入浴剤は欠かせないものになっています。

その日の気分によって、香りや種類を変えるのも入浴剤の楽しみの一つだと思います。入浴剤は新商品や流行りものなども色々あるので、新しいものを発見するとつい購入してしまいます。

関連記事

PAGE TOP