入浴剤で楽しむバスタイム

ツムラのバスハーブは腰痛と肩こりに効く入浴剤

今回はツムラのくすり湯バスハーブの入浴剤を使うことで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】
はやて 58歳 女性

【冷え性歴】
30年

【冷え性が改善した入浴剤】
ツムラのくすり湯 バスハーブ

ツムラのくすり湯 バスハーブの入浴剤を選んだ理由

店頭で冷え性や腰痛に聞きそうな入浴剤を探していました。まずパッケージが漢方の感じだったので、これにしようと思いました。

しかも効能を読むと冷え性や腰痛について書いていました。有効成分は漢方薬でした。それでツムラのくすり湯バスハーブに決めました。

お風呂の入り方

ときには半身浴で長い時間浸かります。腰にはとても効きます。寒い日はしっかりと全身浴で温まります。

入浴時間は、半身浴なら1時間ぐらいしっかりと浸かります。全身浴は半時間ぐらい入浴します。体がとても温かくなります。

入浴剤を使ったときの効果

入浴中は、しっかりと芯にまで温かさが届くような気がします。柑橘系の香りに包まれます。癒されるバスルームになります。ほっこりとして心地よい感じです。入浴後も体の芯からの温かさが、全身を心地よく包んでくれているようです。

ツムラのくすりの湯バスハーブを入れないで入浴した時は、体の芯まで温かさが届かないのです。表面だけお湯に入った感じです。表現しにくいのですが、お湯と体が融合し無い感じとでもいうのでしょうか。

ツムラのくすりの湯バスハーブを入れると体がお湯の中に溶け込む、もしくはお湯が体を包み込む感じがします。それだけ有効成分の漢方のエッセンスが体に無理なく溶け込んでくれるんでしょう。

夜の入浴後、しばらくして就寝しますが、その時も体が温かく冷えが無い気がします。冷え性なので、布団に入っても電気式毛布や炬燵がないと足が冷えて氷のように温まりません。

ツムラのくすり湯に入ると、本当に足先まで温かくて寝入りやすくなります。入り続けていることで昼間の腰痛も軽減されています。なんとも言えない腰の重さも加齢のためでしょうが、この入浴剤のおかげだと思います。

最近はましな日がほとんどで、腰痛を感じない日も出てきました。そして全身のこりもほぐされてきて、肩こりも楽になってきました。210mlでほぼ21回使えてます。たまに650mlを買います。これですと65回も使えます。ほぼ2ヶ月以上使えます。これからも続けていきたいです。

入浴剤を入れた日から体が温かく感じています。腰痛には比較的、そんなにかからずに効いてきている気がします。

関連記事

PAGE TOP