入浴剤で楽しむバスタイム

ツムラのバスハーブは冷え性と乾燥肌に効果がある入浴剤

今回はツムラのくすり湯バスハーブの入浴剤を使うことで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】
みく 24歳 女性

【冷え性歴】
5年

【冷え性が改善した入浴剤】
ツムラのくすり湯 バスハーブ

ツムラのくすり湯 バスハーブの入浴剤を選んだ理由

冷え性に困っているので、色んな会社からでている冷え性向けの入浴剤をここ数年は毎冬試していました。

そして去年の冬に、ツムラのバスハーブが冷え性にいいと自分も冷え性で困っている母に聞いたので、一度試してみようと思い使用し始めました。

お風呂の入り方

基本はいつも半身浴で、1時間から1時間半ほど入浴しています。しかし、2歳の娘がいるので主人がいる時間しか長い時間お風呂に入っていることができないので、頻度としては平均で週1から2くらいです。

娘が産まれる前は時間がある夜はいつも半身浴をしていました。

入浴剤を使ったときの効果

入浴中はすぐに体中がポカポカしてくるのをいつも実感することができます。他の入浴剤も温浴効果はあるとは思いますが、このバスハーブは本当に体の中心までポカポカします。

匂いは甘いような匂いではなく、少し薬っぽい匂いが強いですが、それも効果があるなという気が高まるので私は好きです。主人はこの匂いが少し苦手なようなので、もしかしたら好き嫌いが別れるかもしれません。

入浴後もずっとポカポカは続くので、寝る前にお風呂に入るとベッドの中に入るまで温かいので冬の時期にはぴったりだと思います。

温かくなるだけでなく、乾燥肌で困っている私の肌でもしっとりとしていて保湿効果もあるようです。特に冬の時期は全身乾燥してパリパリになってしまうのでこの入浴剤には助けられています。脚や腕に保湿クリームを塗るときも既に肌が潤っている状態なので、肌のノリがよく気に入っています。

入れた時と入れない時の一番の違いは、体のポカポカ感の続く時間の長さです。入浴剤なしでも、1時間ほど半身浴をしていると体の芯まで温まりますが、お風呂を出て数分して部屋の中が寒いとすぐに冷えてしまいます。

しかし、バスハーブを使った時はお風呂を出た後も数十分くらい体の温かさがキープできています。体の温まり方が圧倒的に違うと私は感じています。

体は温まって冷え性は軽減されるし、乾燥肌も保湿されてしっとりするしで、私にはぴったりの入浴剤です。これからも特に冬の時期はバスハーブを利用し続けると思います。

去年の冬から今まで使い続けています。体が温まる効果が現れたのは1回目使ってすぐです。肌は数回入ってから確実に肌荒れが少なくなったなと感じました。冷え性も使う前に比べるとだいぶ良くなったと思います。

関連記事

PAGE TOP