入浴剤で楽しむバスタイム

ツムラの入浴剤バスハーブは冷え性でも体がポカポカして冷めにくい

今回はツムラのくすり湯バスハーブの入浴剤を使うことで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】
あっくん 34歳 男性

【冷え性歴】
2年

【冷え性が改善した入浴剤】
ツムラのくすり湯 バスハーブ

ツムラのくすり湯 バスハーブの入浴剤を選んだ理由

冷え性の改善の一助にと思い、入浴剤を探そうと思い立ちました。ネットで「冷え性改善、入浴剤、おすすめ」というキーワードで検索したところ、たくさん結果が出てきたなかにこの商品がありました。

いろいろ検討した結果、ブランドの安心性や口コミなど、総合的に判断しこちらの商品を選びました。

お風呂の入り方

私の入浴方法といたしましては、まず最初に半身浴を10分程度し、ある程度体があったまったと感じてから肩までの全身浴を5分ほどします。

最後にもう一度半身浴を5分ほどして、急に体が冷えないようにしてから上がります。

入浴剤を使ったときの効果

入浴剤を使った時の効果としては、入浴中体がじんわりと温まり、芯までしっかりと熱くなっていくのが感じられます。

ツムラのバスハーブは特にしっかりと体があったまり、ほぐれていくのが実感できます。単にあったまるだけでなくしっかりと筋肉がほぐれ、疲れが溶け出していく感覚があります。

また、柑橘系の香りによってリラックス効果が高く、体だけでなく精神的にも一日の疲れを癒し、取り除くことができています。

私は足の冷え性がひどいので、入浴しながら足をマッサージして血流をよくするように心がけているのですが、足の先までじんわりと温まっていきます。

入浴後も温まった体が冷めにくく、冬場など特に効果を実感しています。夜、お風呂に入ってから布団に入るまでずっと体がポカポカしていて冷めにくいので、風邪の予防にも効果がありそうです。

入浴剤を使わなかった場合に比べ、入浴中の温まり方、筋肉のほぐれ方、リラックス度合いが全く違います。

また、入浴剤を使わないとお風呂からあがってすぐに体が冷めていくのが感じられるのですが、入浴剤を使った時はポカポカの持続がすごいです。お布団に入っても指先や足先までポカポカが感じられます。

そういった意味で全然違います。入浴剤というと単なるリラックスグッズのように思われがちですが、医療的な観点からみても病気の予防、冷え性などの改善などという点で、ものすごくきっちりと効果があるのではないかと個人的にはそのように感じました。

短期的な効果としては、使ったその日から違いが実感できます。ただ、冷え性そのものが普段の状態として改善されたなと感じるようになったのは、使用から2ヶ月ほどしてからです。

関連記事

PAGE TOP