入浴剤で楽しむバスタイム

ツムラの入浴剤バスハーブで冷え性とかかとのひび割れが緩和した

今回はツムラのくすり湯バスハーブの入浴剤を使うことで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】
ひえこ 46歳 女性

【冷え性歴】
20年

【冷え性が改善した入浴剤】
ツムラのくすり湯 バスハーブ

ツムラのくすり湯 バスハーブの入浴剤を選んだ理由

ずっとバスクリンの「きき湯」を愛用していました。他の入浴剤に比べて効果が良いと感じていたからです。

ただし、冷え性が根本的には改善していませんでした。そんなときに「くすり湯バスハーブ」を知って購入してみました。

お風呂の入り方

熱めのお湯で半身浴を20分ほどします。冬場は半身浴中には温まるまで時間がかかります。

その間に上半身が冷えないように保温用のアルミシートを使用して、上半身もしっかりと温めて汗をかくようにしています。

入浴剤を使ったときの効果

入浴中はジワジワと温まってきます。体の芯からポカポカして、ジワっと汗をかけます。しかし、これは他の入浴剤でも得られる効果です。違いは入浴後にあります。

通常の入浴剤だとせいぜい20〜30分ほどですぐに手足が冷えてきますが、この入浴剤を使用しだしてからは効果の持続時間が長く感じます。今までは寝るときは靴下を手放せませんでしたが、くすり湯ハーブバスを使用しだしてからは素足で眠れます。

血行が悪いせいか、かかとのガサガサにも長年悩まされていました。入浴剤の効果かは定かではありませんが、頑固な足のかかとのひび割れが緩和してきています。

効果のほどを確かめたくて、入浴剤を入れずに半身浴をしたことがあります。その時は入浴中からお湯の温度の低下がはっきりとわかり、お湯を途中で足さないと冷えてしまいました。

また、お風呂上りにもすぐに手足の冷えが感じられたので、入浴剤の効果はかなり高いのだと改めて感じました。

「くすりの湯」というネーミングと見た目から、「少し薬くさい香りがするのでは?」と心配していましたが、杞憂でした。ハーブといっても薬くさい感じではなく、どちらかというと爽やかな香りなので、入浴中も入浴後も良い香りでリラックスでき満足です。

私はこの入浴剤を使用して効果を実感できています。他の入浴剤で効きすぎて寝汗をかいてしまう、というような失敗もありましたがそのようなこともなく、満足しているので今後も継続して使用する予定です。

使用したその日から効果は実感できました。1ヶ月ほどでかかとの肌荒れの改善効果が感じられました。

関連記事

PAGE TOP