入浴剤で楽しむバスタイム

バスクリンのきき湯ファインヒートは産後の冷え性におすすめ

今回はバスクリンのきき湯の入浴剤を使うことで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】
るいママ 29歳 女性

【冷え性歴】
4年

【冷え性が改善した入浴剤】
バスクリン きき湯 ファインヒート

バスクリン きき湯の入浴剤を選んだ理由

産後、急に冷え性になってしまい冬場の毎日のお風呂は欠かせませんでした。

でも体の芯まで温まらなくて、冷え性の友人に解消法を聞いたところ良い入浴剤があると教えてもらいました。それが、きき湯のファインヒートでした。

お風呂の入り方

時間があまりない時は入浴剤を入れて高めの温度でしっかり肩まで浸かる全身浴ですが、時間がたっぷりとれる時には低めの温度に設定して携帯や雑誌を持ち込んで半身浴で1時間ゆっくり入っています。

どちらもお風呂を上がった後、ぽかぽかが持続しています。

入浴剤を使ったときの効果

友人に入浴剤をすすめられるまでは、入浴剤は温かさより香りの癒し効果のイメージがあったので、好きな香りを選んで気分転換に入れているだけでした。

冷え性だと実感してから、友人に相談して入浴時に冷え性改善の効果がある入浴剤を入れてみると全然違うからと聞き、すぐに試してみました。友人オススメのものから、自分でパッケージや説明書きを見て選びいくつか購入してみました。

設定温度と入浴法を統一して毎日違う入浴剤を入れてみたら、まず入浴剤を入れいない時と入れた時の違いに驚きました。入浴中にじんわり汗が出てきて、入浴後もかなりの時間ぽかぽかが持続されていました。

あまり冷え性改善の効果が見えないものも中にはありましたが、入浴剤でこんなに入浴後の暖かさが違うことに驚かされました。

たまに入浴剤が切れてしまい、入浴剤なしで入ると入浴中は温まっていても、入浴後はすぐに体が冷えていってしまっている感じがします。

寝付きにもかなり影響があり、体が芯まで温まっている状態で布団に入るとすぐに眠りにつくことができます。夜中に足が冷たくなって起きてしまうこともほとんどありませんでした。

よく眠れることで朝もスッキリした状態で目覚めることができて、1日の始まりにも入浴剤は効果をもたらしてくれているのだとすごい繋がりを感じさせられました。

今まで冷え性知らずだったのに、産後に冷え性になってしまったと私の周りでも聞くので、私も友人のように入浴には入浴剤がいいよとオススメしたいです。

割とすぐに効果があったのですが、やめてしまうと冷えてしまうと思い今でも続けています。

関連記事

PAGE TOP