入浴剤で楽しむバスタイム

紀州備長炭最高級木酢液はアトピー肌にも優しい冷え性入浴剤

今回は玉井又次の紀州備長炭最高級木酢液の入浴剤を使うことで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】
プリン 47歳 女性

【冷え性歴】
20代中盤から30代中盤まで

【冷え性が改善した入浴剤】
玉井又次 紀州備長炭最高級木酢液

玉井又次 紀州備長炭最高級木酢液の入浴剤を選んだ理由

ファンだった作家さんの本に紹介されていたのがきっかけです。

アトピー性皮膚炎を患っていた息子さんのために購入したそうですが「木酢液のお風呂は気持ちいい!汗が出る出る!」と書かれていました。

私も長年アトピーに悩まされていたので、興味を持ちました。

お風呂の入り方

ゆったり全身浴派です。ややぬるめの温度に設定し、お風呂の中に本を持ち込んで、ゆっくりと読書をしながら温まります。

入浴時間は、季節にもよりますが20~30分でしょうか。その間、脱衣所への扉を開けて、ヒートショックをできるだけ防ぐように心がけています。

入浴剤を使ったときの効果

木酢液は独特のにおいがあるものですが、このメーカーの木酢液は嫌な臭いではありません。確かに癖はありますが、ちょっとひのき風呂に似た感じで、慣れるとなかなかよい香りです。

一度、他の木酢液を試してみたのですが、鼻の奥にいがらっぽく絡みつく感じで、ちょっと嗅いだだけで「これはお風呂には無理だな」と思いました。

この木酢液を入れると、お湯が劇的に変わります。さら湯のピリピリした刺激的な感じが、肌への当たりがとても柔らかい感じになるのです。草津では、肌に優しいお湯にするために「湯もみ」というものをするそうですが、ちょうどそんな感じでしょうか。

入浴していると、じんわりと体の芯からもみほぐされてゆく感じで、じわじわと汗が出ます。熱い湯でのぼせるような感じではなく、さっぱりと温まる感じです。

アトピーを持っていると、体が温まるにつれて患部が強烈にかゆくなってくるものですが、これを入れるとふんわりと優しく包み込まれるようにリラックスできます。

お風呂から出た後も、温かさが持続します。足先などもいつまでもぽかぽかしています。でも、熱さがまつわりつく感じではありません。

肌はさっぱりとしながらもしっとり加減もある、絶妙な感触になります。汗や垢を落としながらも、皮脂までは落とさないといった感じです。

今まで肌に良い入浴剤をいろいろと試してきました。中には皮膚科の先生に勧められたものもありましたが、結局私の肌にはこれが一番でした。

お湯の心地よさは、使い始めてすぐに分かりました。冷え性が改善されているのに気づいたのは、3ヶ月ほど経った頃でした。

関連記事

PAGE TOP