入浴剤で楽しむバスタイム

バスロマンヒノキ浴の入浴剤は香りが心地よい

今回はアース製薬のバスロマンヒノキ浴の入浴剤を使うことで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】
ミミママ 42歳 女性

【冷え性歴】
20年

【冷え性が改善した入浴剤】
アース製薬 バスロマン ヒノキ浴

アース製薬 バスロマン ヒノキ浴の入浴剤を選んだ理由

香りが独特で、珍しい木の匂いに惹かれました。ヒノキの香りと包みこまれるような温かさにホッとします。キャンプファイヤーで経験した懐かしい匂い。

木の燃えるときと同じような、暖かさと香ばしい香りが体の中から温めてくれます。じんわりと手と足の指先が温まっていくのがわかりました。

お風呂の入り方

全身浴です。足から入浴して徐々に深く入浴します。肩までしっかりと入浴します。肩まで浸かったら体を寝たような体勢にして、体の力を抜きます。

すると、少し体が浮いたような感じになります。入浴時間は、ゆっくりと浸かりますので20分くらいです。

入浴剤を使ったときの効果

入浴剤を入れないで入浴する場合は、少しお湯が硬いような感じに思います。身体の肌に染み込んでいかない感じがします。入浴から上がった時も、すぐに体は冷えてきます。

また、お湯が肌に馴染んでいないために、肌がいつまでも水分が残ったような状態になり、タオルですぐに身体を拭いてもすぐに寒いです。

入浴剤を入れた時はしっとりと肌が水分を吸収して、肌の中に染み込んでいきます。身体の中まですぐにポカポカしていくのがわかります。いつも冷たい手と足の指先も中まで充分に温まり、指も動きやすくなります。

また、いつまでも入浴していても快適でのぼせないです。入浴剤の香りがまた、心まで癒してくれます。入浴剤の香りも、鼻につくようなきつい香りではないので、頭の中まで香りの優しさが伝わってきます。

入浴剤の種類もたくさんありますが、なるべく自然を感じることのできる香りのものが心地よいです。

お風呂から上がった時も、水分はさらっと肌についている程度で、すぐにタオルで拭いても吸収して、肌が冷えない間に水分をふき取ることができます。

優しい香りはいつまでも残り、ずっと温かい気持ちでいることができます。疲労感もすっかりとれて、頭の中まですっきりとします。肌はすべすべになり、衣類を着てもサラサラとした感触が爽やかで心地よいです。

手と足の指先も血行の良い色になり、いつまでも指先が硬くならずに柔らかいままで温かいです。1日の疲れもしっかりとリフレッシュさせてくれます。

入浴剤の使用を1日しただけでもしっかりと違いがあります。1日目でも身体の温まりかたは違います。毎日入浴剤の使用をしていると、3日目ではっきりと手と足の冷えかたが変わりました。

関連記事

PAGE TOP