入浴剤で楽しむバスタイム

クナイプのバスソルト入浴剤の生姜成分が冷え性に効く

今回はクナイプのバスソルトの入浴剤を使うことで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】
りんご 31歳 女性

【冷え性歴】
十代後半からずっと末端の冷えに悩んでいます。

【冷え性が改善した入浴剤】
クナイプ バスソルト ジンジャー&シトラスの香り

クナイプ バスソルトの入浴剤を選んだ理由

生姜には体を温める効果があるという説が有名なので、生姜成分が入っていることからこちらの入浴剤を手に取りました。

クナイプには色々な種類が販売されており、ジンジャー&シトラスは暖色なので見た目も暖かそうなデザインだと感じたことも決め手でした。

お風呂の入り方

体まですっぽり浸かりたいので、基本的にに10分前後を2セットにして肩まで浸かる全身浴派です。

半身浴でもちゃんと体は温まると言われていますが、すっぽり浸かった方が落ち着くのであまり半身浴をする機会はありません。

入浴剤を使ったときの効果

ジンジャー&シトラスは湯気と一緒に立ち上る香りからして、鼻腔から刺激を与えてくれる入浴剤です。

クナイプはどの入浴剤も香りが濃い為、生姜の匂いがしっかりすることで嗅覚に働きかけてくれているのかもしれません。

また、見た目もイエローとオレンジの中間っぽい暖色の持つ効果が視覚的にも暖かさを感じさせてくれるので、五感からも温まるイメージが伝わるような入浴剤です。

実際に湯船に浸かると一層、前述の効果がしっかりと体感できるので冷えた手先や足先がしっかり暖かくなっていくのがわかります。そのため、良い香りと相まってついつい長湯をしたくなるほどリラックス効果も実感します。

そしてお風呂から上がった後でもしっかり体が温まった感じがするので、冷えない内に早めに就寝することを心がけています。

使っていく内に冷え性が治るものではないとしても、一時的に解消されるので気に入っている入浴剤の一つです。

元々、入浴剤が好きなので常時3種類ほどストックしていますが、生姜成分が入っているタイプとそうでないタイプとではやはり体が温まる効果に違いが少なからずあるのかなと思いました。

クナイプでは他にもオレンジ&リンデンバウムの香りも冷え性向きと言われていますが、あまり聞きなれないリンデンバウムよりも生姜の方が温まるというイメージが強い分、私としてはジンジャー&シトラスの方が効果を実感できるような気がします。

せっかくならお風呂の入浴剤としてだけでなく、足先が冷える人にとっては足湯の時に使用するのもおすすめです。

使用した即日から効果を実感しました。ただし、冷え性の改善とはまた違い、一時的な解消として使用しています。

関連記事

PAGE TOP