入浴剤で楽しむバスタイム

花王の入浴剤バブは冷え性でも朝までぐっすり眠れる

今回は花王のバブの入浴剤を使うことで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】
ぽかぽか陽気 46歳 女性

【冷え性歴】
オフィスワークでいつも身体が冷えていました。足の冷えがひどかったです。また肩こりももちろんで、夏場も厚手のカーディガンが離せませんでした。

【冷え性が改善した入浴剤】
花王 バブ ゆずの香り

花王 バブの入浴剤を選んだ理由

はじめはは頂き物でした。その後気に入ったのがこの製品でした。とても気持ちがよかったのでそれから購入しています。

特に、夜バブのお風呂に入ると眠りも改善される気がします。朝までぐっすり眠れます。

お風呂の入り方

ほぼ毎日は全身浴で38~40℃で10~15分くらいです。半身浴は時間がかかるので、週末にしています。

40℃くらいのお湯にはじめは長めに15分くらい入りじわじわと汗を感じます。その後5分ずつ出たり入ったして、トータル30分くらいです。全身から汗が出てとても気持ちがいいです。

入浴剤を使ったときの効果

入浴中はもちろん入浴剤を入れないときに比べて早く身体が温まり始める気がします。でも急に温まりすぎてのぼせてしまったりすることはないです。

家庭のお風呂でいいところは温度が自分の好みに調節できるところです。本場の温泉だと熱すぎて長湯できないところもあって残念ですが、その心配はありません。それに香りがいいのでずっと入っていたい気分になりますから、自然と入浴時間が長くなります。

そして毎日違う香りの入浴剤をいれたりするとそれはまた非常にいいです。自分でもいま考えてみると、かなりのリラックス効果になっているのではないかと気づきました。

ひょっとして、実はひそかな楽しみで毎日入浴剤風呂を楽しんでいる方は多いのではないでしょうか。

入浴後も湯冷めしません。いくら入浴剤を使っていてもやはりあまり長時間放っておくと身体は冷えると思うので、やはりいつも温かい身体のままでお布団に飛び込みたくなり、そのまますぐ就寝します。

しばらくの間はお湯の香りが身体を包んでいるので、眠るときもいい香りに包まれている気がします(少しですが)。そして、朝起きた時もまだ身体がぽかぽかとしていて気持ちがいいです。

入浴剤を入れないと、湯冷めの時間が早いと思います。とくに冬の厳寒期などは慌ててお布団にもぐりこまなくてはいけません。

また、入浴剤を入れないときは身体の温まり方がゆっくりで時間がかかります。時間がいつもたっぷりある方はそれでもいいと思いますが、忙しい人にはとても助かるものだと思います。

入浴剤を入れると身体が温まりやすいのは本当ですし、効果があるのも本当です。1日の使用では変わらないので、1ヶ月続けるといいのではないかと思います。そして冷えないようにすると心がけることです。

関連記事

PAGE TOP