入浴剤で楽しむバスタイム

花王の入浴剤バブは冷え性と腰痛に効く

今回は花王のバブの入浴剤を使うことで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】
モコモカ 50歳 女性

【冷え性歴】
20年

【冷え性が改善した入浴剤】
花王 バブ

花王 バブの入浴剤を選んだ理由

炭酸ガスが血行促進し、疲労回復にもいいと聞きました。

肩凝りや首凝り、疲れ目もあったので、気軽にスーパーやドラッグストアで購入できてリーズナブルなものはないかと探しに行ったところ、バブには炭酸ガスが入っていたので購入しました。

お風呂の入り方

真冬以外は、半身浴で39〜40度位のお湯に15分位入り、じわじわ汗が出てくるまでゆっくり浸かり、汗が出たらあがります。

寒い日や風邪をひきそうな時や体調が悪い時は、全身浴で41度くらいのお湯に5分位入ってあがります。

入浴剤を使ったときの効果

ガチガチに凝っている時や疲れがなかなかとれない時などは、バブのお風呂に入るだけで気持ちも和らぎ、楽になることができます。

発汗作用もあるのでデドックス効果もあり、スッキリそしてじわじわポカポカしてきます。

香りもいろいろあるので、入浴中の楽しみは、リラックスしたい時はヒノキ、リフレッシュしたい時は柑橘系、ぐっすり眠りたい時はラベンダー、気分を上げたい時はローズなどのフローラル系という感じでその時の気分で選び、香りも楽しんでいます。

半身浴で長く湯船に浸かっていても、いい香りで気持ちがいいので時間も気にぜず入っていることができます。

さらに湯船の中でハンドマッサージをしたり、顔ヨガをしたりと、普段続けられないこともこの時間を利用して習慣化することも可能で、ちょっとリッチなバスタイムになっています。

入浴後はいい香りと血行が良くなって身体が温まり、肌も調子がいい感じになります。

温まった体を冷やさないように、入浴後は冷えたドリンクではなく、常温かぬるめのドリンクをゆっくり飲むようにしています。

バブのお風呂に入り、身体もポカポカ血行も良くなったという安心感もあり、その夜はぐっすり眠れます。

私は腰痛持ちなので、入浴剤を使わないのと使うのでは痛みの回復の早さが全然違いますし、身体がとても軽く楽になる感じがします。

一度入浴剤を使うと、入浴剤を使わないのが物足りなく感じるくらい効果があると思います。

5年くらい続けたら手足の冷えが気にならず、風邪をひきにくくなりました。

関連記事

PAGE TOP