入浴剤で楽しむバスタイム

花王の入浴剤バブは冷え性以外にマッサージ効果がある

今回は花王のバブの入浴剤を使うことで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】
さくら 44歳 女性

【冷え性歴】
15年

【冷え性が改善した入浴剤】
花王 バブ クール 涼やかミントの香り

花王 バブの入浴剤を選んだ理由

一番肌にも良さそうであったし、どこの薬局やドラックストアで購入出来るのでこのメーカーにしました。

あとは夏で汗をかいたりした疲れが取れるのではないかと思いました。パッケージが涼しい感じに見えたのもあると思います。

お風呂の入り方

全身浴も半身浴どちらも行います。季節関係なくいつも行うのは、洗面器に入浴剤を半分いれて足をつける事です。

炭酸バスのものをいつも購入するので、足をつけて片足ずつ約15分ぐらいつけています。全身浴も15分ぐらい浸かっています。

入浴剤を使ったときの効果

炭酸バスをいつも利用しているのですが、入浴剤をいれた瞬間、発泡されて身体にしみる感じがして一瞬で気持ちが良くなりリラックスが出来ます。普通のお湯だけだとあまり長く浸かる事ができないのですが、入浴剤をいれて入浴をすると何故かゆっくりと浸かる事が出来ます。

入浴後の効果は足裏をみると全然違います。私は末端冷え症で冬や冷房による冷えで指先きが冷たくて身体全体まで冷えてしまうのですが、入浴剤を使用した後は足の指先きが赤くなり、暖かくなる事が多く、次の日は足の浮腫みがあまりしなくなります。

マッサージをしたような感じになります。身体全体も柔らかくなったようになります。入浴剤を使用した後にストレッチを軽くすると翌朝全身がスッキリして、入浴剤をいれていない時と比べて全然違います。

季節によって炭酸バスや通常の入浴剤を使用します。疲れが非常にあるなと思った時は、炭酸バスを使います。本当に気持ちをリラックスしたいなと思った時やイライラした時は、匂いを重視をしてぬる目のお湯で長い時間をかけて入ります。

前まではあまり入浴剤を利用するメリットがないと思っていたのですが、友達が入院した時に、冷えて足が冷たくなった時に病院で入浴剤を使用して足を温めているのを聞いて、私も入浴剤を使用するようになりました。

肩凝りや足先の冷えなど使用するだけで楽になったので、今で手放せないアイテムになりました。マッサージに毎回行くより、料金も安くて健康になれます。

半年ぐらいで効果を実感しました。

関連記事

PAGE TOP