入浴剤で楽しむバスタイム

クナイプのバスソルト入浴剤で冷え性と乾燥肌が改善した

今回はクナイプのバスソルトの入浴剤を使うことで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】
りく 29歳 女性

【冷え性歴】
5年

【冷え性が改善した入浴剤】
クナイプ バスソルト オレンジ・リンデンバウムの香り

クナイプ バスソルトの入浴剤を選んだ理由

ドラッグストアで入浴剤を探していたところ、「冷えた体を温めるには」というキャッチコピーが書かれたこの商品が目に入りました。

元々敏感肌なこともあり、化学物質の少ないものがいいなと思い探していたので、天然成分で作られているという点にも惹かれ購入しました。

お風呂の入り方

基本的には39度くらいの温度で全身浴をして、商品の裏に書いてあった説明を元に10分から15分。冬場や冷えがひどい時は20分ほど入浴するようにしています。

かなりぽかぽかして汗をかくので、体を洗う前にじっくり浸かることが多いです。

入浴剤を使ったときの効果

リンデンバウムが発汗を促すとの説明の通り、入浴していると体の芯から暖かくなっているのがとてもわかりやすく実感できます。

商品裏の説明に記載されているとおりに15分から20分程度浸かっているうちに徐々に汗がじんわり出てきて、さっきまで氷のように冷たかった体が嘘だったかのような暖かさを実感することができます。

初めて使用した時の「冷たい体に血液がめぐってる!」と感じられるような不思議な感覚を味わうことができたのが印象的で、今でも忘れられません。

また入浴後の肌の調子もしっとりとして、冷え性改善だけでなくお肌の調子もよくなっているような気がします。私は冷え性だけでなく、乾燥肌の改善にも効果がありました。

香りも天然のアロマの香りで、優しくリラックス効果もあり心地いいです。また柑橘系の香りなので、匂いを嗅ぐだけで暖かい気分になれるような気がします。

発汗作用のおかげで血行もよくなり、肩や首のこりの改善にも一役買っているような感じも受けます。

入浴後は保温効果もあるという説明の通り、しばらくは温かい状態が続き、夏場に利用するとお風呂から出た後もしばらく汗がタラタラ出てくるくらい温まることも多々あります。

クナイプバスソルトを使用している日としていない日(別の入浴剤を使用した日)が一目瞭然に体感温度が変わったので、いまでは毎日クナイプバスソルトを使用しないといられなくなっています。

この入浴剤を使うようになってから、かなり冷え性は改善されたような気がします。

約1年ほど継続して使用しました。

関連記事

PAGE TOP