入浴剤で楽しむバスタイム

クナイプのバスソルト入浴剤は冷え性でも本当によく眠れる

今回はクナイプのバスソルトの入浴剤を使うことで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】
ゆき 24歳 女性

【冷え性歴】
中学生のころから現在に至るまで10年以上です。

【冷え性が改善した入浴剤】
クナイプ グーテナハト バスソルト ホップ&バレリアンの香り

クナイプ バスソルトの入浴剤を選んだ理由

「この入浴剤を使うとよく眠れるようになった」と男性の友人から勧められて使用しました。青が好きだったということも使用に至った理由です。

身体が冷えたままだとよく眠れず、不眠ぎみでもあったのでぴったりだと感じました。

お風呂の入り方

私は自分が「温まりたいな」と思ったタイミングで自由に半身浴を行うようにしています。1日3回、お湯に浸かることもあります。

朝、日中、夕方、夜と自由に入浴し、防水カバーをつけたスマホで好きな動画を見たり、本を読んで楽しむのがお気に入りの入浴法です。

また、スパッツを履いたまま入浴すると驚くほど温まります。入浴中にふくらはぎを揉んだりもしています。

入浴剤を使ったときの効果

クナイプの入浴剤を使用して、入浴中に感じている効果は、青いお湯の色にとても心が落ち着いてリラックスできることです。

青には心を落ち着かせ精神を沈める色の効果があるそうなので、落ち着かずにすぐにお湯から上がってしまうのを防げて、ゆっくりと温まることが出来ています。

また、副交感神経がしっかりと入り身体をリラックスモードにもっていくことで、入浴後には睡眠にもいい影響があると感じています。

こちらの入浴剤の「ホップ&バレリアン」の香りは入浴後もほんのり身体から漂っていて、ストレッチなどをしていると気持ちがよくリラックス出来ます。

入浴剤を入れないと、香りや色などの楽しみがなく入浴に飽きてすぐに出てしまうのですが、入浴剤を使用すると湯舟の中に落ち着いてしばらくここにいたいなと感じて、しっかりと温まることができるようになります。

昔は小袋の入浴剤をたくさん買って、その日の気分に合わせて変えて楽しんでいましたが、今はすっかり一つに落ち着きました。睡眠前の夜の時間は身体を温め、落ち着いて過ごしたいと思っていたのでぴったりでした。

入浴剤でキレイな青は少なく、ピンクや乳白色や緑などが多い気がします。ピンクや乳白色はかわいいのですが、リラックス効果というよりも楽しむ感じの入浴剤かなと感じました。緑も落ち着きますが、青には勝りません。

ホップ&バレリアンの香りは、サイトにも「ヨーロッパでは眠りのハーブとして知られている」とあるように、本当によく眠れます。

お気に入りの入浴剤を入れて、ゆっくりと身体を温めたあとぐっすり眠れているのでとてもいい出会いでした。

「身体が温まっているな」「寝る前にブルブル震えたりしないな」というのは1週間程度続けてみて感じました。

関連記事

PAGE TOP