入浴剤で楽しむバスタイム

生薬のめぐり湯の入浴剤で冷え性でも温泉気分が味わえる

今回は松田医薬品の生薬のめぐり湯の入浴剤を使うことで、冷え性を改善した方の体験談になります。

【お名前】
シゲ 50歳 男性

【冷え性歴】
20年

【冷え性が改善した入浴剤】
松田医薬品 生薬のめぐり湯

松田医薬品 生薬のめぐり湯の入浴剤を選んだ理由

数ある入浴剤の中で、生薬由来の成分であり、体の血の巡りを良くしてぽかぽかにあったまるといううたい文句に魅力を感じました。

私は冷え性だけでなく、肩こりや腰痛もあるので、体があったまって血液循環を良くする入浴剤が効果的だと思いました。

お風呂の入り方

私はお風呂が好きで、だいたい1時間くらいは入ります。生薬由来の入浴剤を入れたお風呂で全身浴でのんびりと1時間近く過ごします。

夏はお湯の温度をぬるめにして夕方の早い時間帯に、冬場は少し温度を高めにして少し遅い時間帯に入ります。

入浴剤を使ったときの効果

入浴剤を使った時の効果ですが、まず入浴中は自宅のお風呂で温泉気分を味わえるということです。入浴剤の色と香りで普段とは違った気分が味わえます。そして生薬により血行を良くし、体を温めるので、冷え性にも肩こりや腰痛にも効きそうな感じがします。

次に入浴後の効果ですが、十分にお風呂であったまっているので、上がった後もぽかぽか感が持続し、ほてった状態が長く続くような気がします。

また入浴剤のいい香りもして、肌もすべすべしてきて家に居ながらにして温泉気分が味わえます。疲れも取れ、肩こりや腰痛も和らいで、体が軽くなった気がします。

入浴剤を入れた時と入れない時の違いとしては、やはり入浴剤を入れることで非日常を味わえるということだと思います。入浴剤を入れない時は自宅の味気ないお風呂であり、入浴剤を入れたときは、自宅で温泉気分を味わうことができ、心身ともにリラックスできます。

私は入浴剤がとても好きでよく使いますが、その度に入浴剤の色や香りに癒されます。高い旅費を使って遠い温泉地まで出向かなくても、自宅で安価に温泉に行ったような気分になれるので経済的にも重宝しています。

そして体の芯まであったまり、血の巡りを良くして、冷え性改善、腰痛や肩こりの解消に役立てることができるのでありがたいと思っています。これからも入浴剤を使い続けます。

2ヶ月くらいで効果が現れました。

関連記事

PAGE TOP